運営で動物を扱う事

動物を使う運営の実態を知る

動物のカフェを経営をするには?

猫カフェに続き、今人気がある鳥カフェ。一言で鳥と言っても、その種類は様々です。セキセイインコ、オカメインコ、カナリア、文鳥などの所謂小鳥に会えるところもあれば、ミミズク、フクロウ、ハリスホークなどの猛禽類に会えるカフェもあります。その中には雛の予約購入が出来るところもあります。鳥カフェに限らず動物を扱うカフェを経営するには、飲食業の営業許可の他に、猫カフェ同様、動物取扱業者として、都道府県知事または政令市の長の登録をしなくてはなりません。それは猫カフェなどで半年以上の実務経験を積んだり、一年以上、専門学校に通ったり、いくつかの民間資格の取得で可能になります。

法人と個人で違う動物病院の経営

動物病院の経営は個人と法人で大きく異なりますので、開業をする際によく考えて決定することが大切です。まず個人と法人では税率が違ってきますので、収益が大きくなるほど開業後の節税に大きな違いが出ることになります。これは給与所得控除額にも大きく影響する部分なため、慎重に検討する必要があるでしょう。また法人化しておいた方が、後継者に対して名義を移転しやすいという面もみられます。とはいえ個人より法人の方が手続きが面倒なこともあり、二の足を踏んでいる動物病院経営希望者もいることでしょう。しかし今後受けられる恩恵のことを考えれば、けして簡単に決断してはいけない問題であることは確かです。

↑PAGE TOP