賃貸の動物可の数

動物可の賃貸物件は少ない

動物可の賃貸物件の経営の

ペット可の賃貸物件を経営している理由で、もっとも多いのは「入居率のアップのため」であり、次に「入居者へのサービス」「入居者からの要望」などが続きます。今は空いている部屋も多く、供給過剰と言われる賃貸物件の経営ですが、動物と一緒に住める物件となると話は違って来ます。首都圏でさえ、ペット可の物件は少なく、新築はもちろんある程度経年変化のある物件でさえ、充分ではなく、部屋探しに苦労している入居者が多いのが現状です。実際に、動物トラブルは多く「臭い」「鳴き声」などが問題になることもありますが、ペットと暮らす入居者は、物件が見つかりにくいので、長期間の契約が見込めるメリットがあります。

多様化する動物病院の経営

動物病院は今、サバイバル時代を迎えています。ここ数年、増加傾向だったのが2015年を境に、減少傾向にあると言います。それは新規で開業される病院の減少と、廃業・廃院が大きく増えたためです。それでは病院を経営するのに、必要なことは何でしょうか。獣医師の腕はもちろんのこと、経営者としてのセンスも大事になって来ます。優秀なスタッフを雇う以外に、HPなどのSNS、タウンページなどを利用した病院の宣伝、院内情報誌、院内掲示板の活用し、飼い主に必要な情報を発信出来ているかなど。また24時間診察対応、緊急外来対応、深夜のみの診察対応、あるいは深夜のみ往診可能など、今、動物病院に求められるのは、よそとの違いに特化した、まさに多様化なのかもしれません。

↑PAGE TOP