動物カフェの実態

動物カフェを運営する目的

動物カフェを経営するには?

今大流行の生き物を扱っているカフェ。猫だけに限らず、鳥、うさぎ、ハリネズミのカフェも人気を集めています。その中でも突出しているのは猫カフェで、今ではちょっとコンセプトが違うものも出て来ています。例えば東日本大震災で飼い主も家も失った猫を集めたカフェや、保護猫と里親の出会いの場になっているカフェもあります。では猫に限らず、生き物のいるカフェを経営するのには、どのような資格が必要なのでしょうか。まず、飲食店と動物取扱業の許可・登録が必要になります。資格取得するには、愛玩動物飼養管理士(1級・2級)を含む22種類の資格のうち、どれか一つが必要になります。

動物関連の業種の経営について

動物関連のグッズやペット関連のサービスがたいへん充実してきています。自宅にペットを飼育する家庭が増えてきており、需要高まってきていることが背景にあります。このような分野の経営をすることは、現在の時流に乗っているため、良いタイミングであるといえます。動物関連のサービスとしては、関連グッズの販売店舗の運営だけでなく、病院の経営なども含まれます。自分のペットは、もはや家族同然に考えられることが多いため、できるだけ長生きしてほしいと希望する家庭が増えてきているため、病院に対する需要もとても高まっています。

↑PAGE TOP